田吾作な日々。

ヤマ無し オチ無し イミ無し。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
久し振りにAFOのお話。

比較的長めの依頼が、ようやく帰って来ました。
公開予定日が近かったので、三本同時にリプ上がり。

・覆される者、歪むもの【最終幕】(キャメロット)
これは如月が受けた依頼です。

みそかMSの、戦争リンクシナリオです。
「剣王」クラック率いる精鋭騎馬隊を迎え撃つ、シリーズ最終回にふさわしい激戦でした。
結果から言いますと、勝利条件は満たせたようです。
もちろん被害は甚大ですが、何は無くとも終わりました。領主も目が覚めたようですし、しばらくはゴーへルド領も平穏でいられるでしょう。

「堪えるぞ! 少しでも長くこいつらを止め‥‥!!」
 如月の声は突進してきた騎馬の群に飲み込まれる。


「前線で傭兵たちを鼓舞しながら騎馬隊を迎え撃つ」感じの旨だったのですが、もう盾で受け流せるレベルじゃないですね騎馬隊。
クラック配下の精鋭部隊だから、という事もありますが…いやはや強い。

「ちぇすとぉぉぉ!!!」
 声もなく倒れるF。Aは悲鳴を噛み殺して矢を放ち、如月はそこでできた隙を突こうと刃を振り上げる! 矢がクラックの右肩に刺さり、振り上げられた日本刀は雄叫びと共に雨粒を上から一刀両断にする!!


避けられちゃいました。
剣王強いなあ…渾身の「ちぇすと」も当たらなきゃ意味が無い。
しかし、そんな剣王もついには倒れました。ただ、意外だったのは…

「動じるな! 我らの指令はまだ終わっていない!! 動ける者は突破せよ! そうクラック殿は仰せである!!」
 Nの脳天を剣の柄で殴った騎馬兵の一人は、嘆くように、しかし力強く戦場に叫び声を轟かせた。後方から大きな発光が起こり、十騎程度の騎馬が戦場から抜けていく。


大将が討たれれば、少なからず動ずるかと思いましたが…さすがですね。

打ち上げシナリオが出ていましたので如月で予約してきました。
あまりお役に立てませんでしたが…やはり、締める意味でも参加したいので。

・【聖杯戦争】戦いの終わり 歴史の始まり(キャメロット)
これはトリアが受けた依頼です。

先のリアイベでもあった、聖杯戦争の後始末シナリオです。
戦争があれば、当然戦死者が出るわけで…ウィンザーの野に放置された遺体の身元を調べて戦争の記録をつけ、埋葬するお仕事でした。
トリアは、「貴族万能」に含まれる「紋章知識」で遺体が身に付けた武具から身元を調べるお手伝いをしてきました。
と言っても、初級程度の知識しか持ち合わせて居ないので、図書館長にだいぶ助けて頂いたようですが…。

「何故、この戦いの根源は何か。そなた達は考えたことがあるか?」
 ふと、一人書に向かっていたエリファスが顔を上げた。
(中略)
「‥‥アーサー王の不義の子という噂が流れ、それを知った諸侯たちが揺れた。その中のオクスフォード侯が偽王打倒の軍を挙げて‥‥戦いが起きた。というところですか?」
「ゴルロイスの娘であるモルゴースに利用された、その裏にロット卿がいるのでは、という噂はいろいろあるが、人の野心。それ以外に戦いの原因があるのか?」
 ナイトとして優等生な答えを返したトリア。少し穿った回答のT。彼らの問いを受け止めながらも彼は笑って小さく首を振る。
「間違ってはいない。だが、正解とも言えんな‥‥まあ、この問いに完全な唯一の正解など、存在しないのだがな‥‥」


トリアだって真面目な時はあるんです(激レア)
これに対する、図書館長の答えは…

「願いじゃよ‥‥」
(中略)
「人を愛する気持ち、好きになる思い‥‥そして大切に思う心。それが欲を願いと昇華し、力と変える。わしはな、この戦争の勝敗を分けたのも実は『願い』であると思っておる。オクスフォード侯が持っていたのは『欲』だった。だが王が持っておられたのは願い。国民を守ろうとする強き意思。それこそがこの戦いを分けたと思っておるよ」


との事。なるほど。
トリアも暗黒面に堕ちないように気をつけます。

・酒もってこーい!(ドレスタット)
ドレスの新キャラ・モンゴル騎兵(志望)のモリが受けた依頼です。
貴腐妖精・シェリーキャンに面白いお話を聞かせて酒を貰って来る、と言うほのぼのフリーシナリオでした。

「面白い話」として、孔雀と雄鶏の昔話を披露。
これは実際にモンゴルに伝わるお話だそうです。

「孔雀の羽の刺繍」のくだりに感激。なあるほど、これは確かにそれらしい。
BUなんかを頼む時に、ぜひ有効活用しましょう。
ちゃんと昔話としての教訓を語らせて下さったのにも感謝感謝。
話自体でプレンイングが一杯になってしまったので、入れられなかったのですよね。

「どんとはれ」はギャグのつもりだったのですが、まさか書いてもらえるとは。最高。

「サインバイノー‥‥こんにちは。ガンバートル・ノムホンモリだ‥‥『モリ』と呼んでくれると、嬉しい」
 少し華国語訛りのたどたどしいゲルマン語でシェリーキャンに挨拶するのはガンバートル・ノムホンモリ(eb3327)。
 ちなみに『サインバイノー』とは華国語で『こんにちは』の意味らしい。


本当はモンゴル語なのですが、これは仕方ないですね。

もう一つ、これは書けなかったのが悪いのですが文中でずっと「ガンバートル」と呼ばれていたのが残念でした。
モンゴルではごく少数の貴族階級以外に姓の概念が無く、どうしても個人を特定する際には「父の名前・本人の名前」と呼ぶそうです。
つまり、「ガンバートル」さんの所の「ノムホンモリ」さんな訳です。
なので、「モリ」と呼んで貰えれば其れが一番的確な物でした。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

田吾作
  • Author: 田吾作
  • 田吾作(たごさく)と申します。

    東京怪談には
    大般若・如月(6290)
    般若筒・如月(101)

    CtSには
    フェブ・ル・アール(ga0655)
    獄門・Y・グナイゼナウ(ga1166)
    クールマ・A・如月(ga5055)
    蛇穴・シュウ(ga8426)

    DTSには
    相馬 玄蕃助(ia0925)
    ナイピリカ・ゼッペロン(ia9962)

    ソルパには
    ナナルネ・ナル・ナラン(ha1709)

    シルバーレインには
    楠手馬・鹿菜子(b02861)
    葛葉・いなり(b05628)
    妙蓮寺・白楽(b13172)
    張・潤風(b19577)
    玉城・マキ(b23610)
    オスワリ・ゴンスケ(b37220)

    エンドブレイカーには
    ハーシィ・ダキテーヌ(c04033)

    宵闇には
    柴多 ケンゾウ(a0132hp)
    バセット=P=サワディ(a0140gp)

    ロストレには
    スタッガー・リー(cpph9956)

    蒼フロには
    昴 コウジ

    として参加中。

Search

Calendar

11月 « 2017年03月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

お品書き

ご意見・ご要望

トラばっくれ

召しませ月道(リンク)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。